記事一覧

新参者にしてベストなグランドセイコー時計

同業者からは異論もあるかもしれないが(このリストに居並ぶカルティエを見ればわかるように)、私はグランドセイコーが今年のトレードショーを完全に、そして徹底的に支配したと思っている。日本のスーパーコピー時計メーカーとしては初めてのジュネーブ出展であり(それまではバーゼルで発表していた)、パレクスポ会場では非西欧の時計メーカーとしてはグランドセイコーが唯一の存在であった。グランドセイコーは、初の機械式複雑時計の投入や、個人的に大好きなスプリングドライブダイバーズのうっとりするようなアップデート、そして大ヒット間違いなしのGMTのペアを発表し、初年度とは思えないほどのパワーを発揮していた。また、多くのブランドがカラーバリエーションの追加や既存モデルの進化を重視し、安全策をとった。グランドセイコーは、明らかにその申し合わせの蚊帳の外だったようだ。

グランドセイコー 偽物GMT マスターショップ限定 SBGN005 9F86-0AB0

型番SBGN005 9F86-0AB0

機械クォーツ,電池式

材質名ステンレス

ブレス・ストラップブレス

タイプメンズ

カラーブルー

ケースサイズ39.0mm

防水性能【公称】10気圧

機能2タイム表示

デイト表示

付属品【詳細】内箱

外箱

ギャランティー

年差±10秒を誇る究極のクォーツムーブメント「キャリバー9F」。

そのキャリバー9Fムーブメントに初のGMT機能を追加したモデルが「SBGN005」です。

シンプルなケースデザインにセットされた、深いネイビーカラーのダイヤルと赤いGMT針のコントラストがインパクトを与え、時計全体の印象を決めています。


【関連記事】:ファッションに関する話題

コメント一覧

ヴァンクリーフ n級 URL 2022年04月14日(木)13時42分 編集・削除

「幸運を掴むにはまず運を信じること」。この考え方は、ヴァン クリーフ&アーペルの美しく精緻な製品のひとつひとつにおいて、今もなお、大きな意味を持ち続けています。